『守谷町史』年表

/ 22ページ
No 時代 年月日表記 西暦 できごと できごと
1 BC三〇、〇〇〇~一〇、〇〇〇年 遺跡数がやや減少する。大日遺跡(縄文)
2 AD二〇〇年 200 このころ、小貝川流域に水田が形成され、台地上に大規模な集落が営まれるようになる。大日遺跡(弥生)
3 三〇〇~四〇〇年 300 郷州原遺跡(古墳)・乙子遺跡・北今城遺跡・仲原遺跡・大日遺跡(古墳)
4 三五〇~四五〇年 350 このころ、茨城県内に初現期の古墳が築造される(八郷町丸山古墳・玉造町勅使塚古墳・岩瀬町狐塚古墳など)
5 四五〇年 450 常陸地方に六国が置かれ(高・久自・仲・茨城・筑波・新治)国造が支配する。守谷地方は印波国に属するとみられる
6 大化元年 645 このころ、古墳づくりが一般化し、群集墳が盛行する 【参考事項】大化の改新
7 天智九年 670 【参考事項】庚午年籍なる
8 持統元年 687 常陸国に高麗人五六人が配住される
9 文武二年 698 下総国大風、民家多数崩壊
10 文武四年 700 【参考事項】百済王遠宝がはじめて常陸守となる
/ 22ページ