/ 4069ページ
画像
画像ビューア
文化財名 旧文武学校
文化財名(かな) きゅうぶんぶがっこう
欧文タイトル
資料名に関する注記
差出 作者
受取
製作者
年代 嘉永6年(1853)
年代終
員数 5,288㎡(10棟)
形態
寸法(図録用)
大きさ(縦)
大きさ(横)
大きさ(高さ)
材質
形態に関する注記
保存状況
収録時間
縮尺
その他の注記
言語
ISBN
ISSN
テーマ 4松代城下町に伝わる武家文化
地区別 松代
関連する人物・団体
検索用時代区分_文化財 江戸時代
検索用時代区分_文化財コード
検索用時代区分_文化財終
検索用時代区分_文化財終コード
内容細目
解説 文武学校は松代藩8代藩主真田幸貫により発案され、9代藩主真田幸教によって嘉永6年(1853)完成されたもので、安政2年(1855)に開校した。敷地面積は5288㎡、建物面積は1616㎡。
 文学所・教室2棟(東序・西序)・剣術所・柔術所・弓術所・槍術所・文庫蔵・番所・門などからなり、ほとんど開設当時そのままの構造と面影を残している。

 ここでは、文学や武術のほか西洋の軍学も教えられ、きわめて先進的な教育を行われていた。文武学校は多くの人材を育て、明治・大正期に各界で大いに活躍した人々を輩出している。
 明治2年(1869)には、文学所に兵制士官学校を併設したが、明治4年9月(1871)、廃藩のため閉校となった。明治5年(1872)、長国寺の火災に伴い、槍術所がその庫裏として移転し、その後は松代小学校の校舎としても使われた。 昭和28年3月に国の史跡に指定、48年から保存修理工事に着手し、54年から一般公開されている。また、槍術所は平成8年に長国寺から移築され、創建当初の状態に復元された。
解説(英語)
来歴
来歴(英語)
所蔵機関 長野市文化財課
所在 長野市松代町松代
文化財番号 25
管理記号
カテゴリ区分
文化財種別 史跡
大分類 指定等文化財
中分類
小分類
文化財情報 国指定/国指定記念物/昭和 28年3月31日/1953/3/31
上位階層目録ID
関連目録ID
manifest.jsonへのURL
参照データ
長野市行政地図情報 https://www2.wagmap.jp/nagano/Map?mid=24&fid=362-48&mps=5000
関連画像URL
自治体史掲載
出版物・関連資料
翻訳の言語
権利関係・二次利用条件 独自規定あり
原資料の利用条件
権利関係・利用条件に関する注記
緯度・経度・高度に関する注記
汎用フィールド01
キーワード
備考
告示番号 文化財保護委員会告示第45号
標柱情報
解説板情報
案内板情報
汎用フィールド09
汎用フィールド10
汎用フィールド11
汎用フィールド12
汎用フィールド13
汎用フィールド14
汎用フィールド15
汎用フィールド16
汎用フィールド17
汎用フィールド18
汎用フィールド19
汎用フィールド20
汎用フィールド21
汎用フィールド22
汎用フィールド23
汎用フィールド24
汎用フィールド25
DOI
既刊目録名
デジタル化の経緯に関する注記
/ 4069ページ