[下松市]郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ

下松市は、山口県の南東部に位置し、笠戸島と大島半島に抱かれた穏やかな海を背景に、古代から重要な歴史を刻んできました。また、大正期からは、鉄道車両、鉄鋼、造船などの「ものづくりのまち」として発展を遂げ、現在では都市と自然のバランスのとれた住みよいまちとなっています。
このデジタルアーカイブでは、市内の文化財や歴史資料、昔の写真等をデジタル化し公開しています。先人達の営み、文化遺産をご覧いただけます。

まちに息づく地域の歴史

下松市の歴史や文化をテーマで分け、関連資料をまとめました。

下松市地図
花岡

山陽道の門前宿場町「花岡」

江戸時代、旧山陽道の門前宿場町として栄えた花岡には、藤原鎌足の建立と伝えられる多宝塔や、花岡八幡宮に寄進された奉納品など、歴史を物語る貴重な文化財が数多く残っています。

切山歌舞伎

県指定無形民俗文化財「切山歌舞伎」

江戸時代、長重良(ちょうじゅうろう)が京参りの帰途、大阪竹本座の人形浄瑠璃や歌舞伎を見て感銘し、長男三四良(さんしろう)に学ばせたのが切山歌舞伎の起源といわれています。

絹本淡彩妙見社参詣図

星をまつる「妙見信仰」

下松は、戦国大名大内氏の妙見信仰の根源地といわれ、北辰妙見信仰に関する歴史資料が残っています。

宮ノ洲

ものづくりのまち発祥の地「宮ノ洲」

古代から瀬戸内海交通の要衝であった宮ノ洲は、時代とともに重要な歴史を刻んできました。


写真で見る下松市


小学校社会科副読本「わたしたちのきょうど 星ふるまち 下松」

小学校で使われている社会科副読本「わたしたちのきょうど 星ふるまち 下松」をデジタル化しました。

小学校社会科副読本「わたしたちのきょうど 星ふるまち 下松」

紙の本と同じように読む

刊本閲覧画面を開く

目次から内容を確認する

目次一覧画面を開く 正誤表

副読本の詳しい情報を見る

目録データ画面を開く

遺跡や文化財と歴史資料


アーカイブに掲載している全資料


当事業は、公益財団法人図書館振興財団の平成27・30年度提案型助成事業として助成を受けています
下松市立図書館ホームページへ